ローン一本化の正しい利用方法

はじめに、一本化ローンの申し込みをするときには、正確な借入残高と金利を調べることが大切です。第一条件としては、現在のローンよりも、低い金利のローンに一本化するということです。借り入れ状況によってはメリットがあるのが、金利の高いローンのみを一本化するということもあり得ます。せっかくローンを一本化しても、毎月の返済額を高くし過ぎて返済が滞ってしまう事も考えられるので注意が必要です。遅延損害金が発生してしまうと余計な負担が増えてしまいますので、滞納だけが問題ではありません。重視するのが、返済金額のゆとりばかりだと、支払い総額が増加するということもあります。一本化ローンは、支払い総額が増えてしまっては、意味がないのです。返済額の設定する時には、一般的に月収の2割以内が無理のない返済額といわれていますので、目安にすることをおすすめします。ローンの一本化によって借金の巨大化につながることも少なくないといいます。余分な返済実績が元々借りていた金融機関に出来てしまい、新たな借入が可能になってしまうからです。注意点をしっかり押さえておかないと、メリットの多い一本化ローンとはいえ逆効果になる場合も少なからずあるのです。しっかりとお金の管理をしながら、無理のない返済計画を立てることで、一本化ローンをお得に上手に使ってみましょう。忘れてはいけないのは、一本化ローンを活かすも殺すも自分自身の判断と責任にかかっているということなのです。

ローン一本化の申し込みをする前に

借金を1つにまとめるためにローン一本化を決めたら、そのための準備をしましょう。次々にやってくる毎月の返済日に追いまくられるように返済を行っている状況では、生活に関わる収支金額がわからなくなりがちです。家計の中で収入の何割を借金返済にあてている状態なのか、元金の返済はどの程度までできているのか、把握できなくなっていることもあります。自身の収入や返済に回す金額、絶対に必要な支出などを把握しておくことは、ローン返済に際してしておくにこしたことはありません。
ローン返済に関係する条件がはっきりわかってからも、すべきことはあります。生活するうえで何のためにどれだけのお金が必要なのかを、ローン一本化の申し込みをする前に把握した方が良いでしょう。
問題の大本として、どうして今、一本化ローンを検討しなければならないほど多額の負債を抱えているのか考えてみてください。ローンのきっかけは何で、ローンが増えた理由は何だったでしょう。作る必要のない借金はなかったか、十分考え直してみてください。
借入元金は、一本化でキャッシングローンを作り直した場合でも減ったりするわけではないのです。借金完済を達成しなければ、一本化した意味はありません。入るお金と出るお金の釣り合いを十分考え、返済能力を越えるような借金は作らないという心構えがなければ、また同じ轍を踏んでしまいます。今度こそお金の使い道を誤らないよう、一本化をする機会に金銭管理を一から見直してください。

ローン一本化の審査方法

ローン一本化に関わらず、金融機関でローンを組むには必ず審査があります。ローンの一本化だけでなく、ローンを組むこと自体も、審査を通らない限りは認められないのです。どのような審査をするかは、大体の傾向はあるものの、会社毎に差があります。しかし、初めてローンを組んでお金を借りようとしている人と、複数の金融機関でローンを組んでお金を借り入れてしまい、ローンを一本化して組み替えようとしている人では、明らかに審査内容は変わってくるでしょう。
一本化のための審査を申し込んだ場合、申し込まれたキャッシング会社は、その人について信用情報機関に確認します。これまでのローンの利用状況、借入件数やローンを利用した金額、支払いに延滞はないか等を確認します。もしも何らかの虚偽申告などが見つかってしまったなら、この時点でふるい落とされてしまいます。内容に間違いがないことが確認されたら、スコアリング審査というコンピューター処理に入ります。スコアリング審査とは、申し込み者の個人情報を元に、返済能力の審査をすることです。申告内容の確認のため、電話を用いての在宅確認審査もあります。本当にその場所に生活の基盤をおいているのか、電話番号にスタッフが電話をしてそこにいることを確認します。そして、申し込み内容に書かれている勤務先に電話をかけて勤務していること確認する審査方法です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。