ローン一本化の正しい利用方法

はじめに、一本化ローンの申し込みをするときには、正確な借入残高と金利を調べることが大切です。第一条件としては、現在のローンよりも、低い金利のローンに一本化するということです。借り入れ状況によってはメリットがあるのが、金利の高いローンのみを一本化するということもあり得ます。せっかくローンを一本化しても、毎月の返済額を高くし過ぎて返済が滞ってしまう事も考えられるので注意が必要です。遅延損害金が発生してしまうと余計な負担が増えてしまいますので、滞納だけが問題ではありません。重視するのが、返済金額のゆとりばかりだと、支払い総額が増加するということもあります。一本化ローンは、支払い総額が増えてしまっては、意味がないのです。返済額の設定する時には、一般的に月収の2割以内が無理のない返済額といわれていますので、目安にすることをおすすめします。ローンの一本化によって借金の巨大化につながることも少なくないといいます。余分な返済実績が元々借りていた金融機関に出来てしまい、新たな借入が可能になってしまうからです。注意点をしっかり押さえておかないと、メリットの多い一本化ローンとはいえ逆効果になる場合も少なからずあるのです。しっかりとお金の管理をしながら、無理のない返済計画を立てることで、一本化ローンをお得に上手に使ってみましょう。忘れてはいけないのは、一本化ローンを活かすも殺すも自分自身の判断と責任にかかっているということなのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。